初心者でも大丈夫!シュノーケリングの楽しみ方

ゆったり水中を散歩したり、遊泳して海の景色を楽しみたいと思ったことはありませんか?もしそう感じたなら、シュノーケリングは魅力的なアクティビティとなるでしょう。様々な楽しみ方ができる海のアクティビティで、年代を問わず人気があります。

非日常感を味わえる

シュノーケリングでは非日常的な光景を楽しむことができます。非日常を味わいたい方には、特におすすめのアクティビティと言えるでしょう。水面からひとたび海中を覗けば、そこには普段決して見ることのできない幻想的な光景が広がっています。

魚達と触れ合えることも

シュノーケリングをする場所にもよりますが、運が良ければ魚の大群に出会える場合もあります。魚達に餌を上げたり、一緒に泳いだりすることも不可能ではありません。こうした体験ができるのもシュノーケリングならではと言えるでしょう。

独特の浮遊感を楽しむ

シュノーケリングはウェットスーツを着用して行うアクティビティです。主に水中を遊泳しますので、独特の浮遊感も楽しめます。少し慣れが必要になりますが、波に揺られる体と浮遊感は他にない魅力です。

幻想的な写真を撮る

防水仕様のカメラやケースを利用すれば、水中の写真を撮って楽しむことも可能です。ダイビングのように奥まで潜水できないのは欠点ですが、サンゴ礁や魚、海に棲む生き物たちの写真を撮影してみてはいかがですか?人懐っこい生き物ならカメラまで寄ってくる場合もあります。

楽しみ方は人それぞれ

シュノーケリングは様々な方法で海を楽しめます。楽しみ方は人によると思いますが、普段は味わえない非日常的な体験が可能です。もし楽しめる機会があれば、一度体験してみてはいかがでしょうか?

初めての人におすすめの体験シュノーケリング

シュノーケリングは難しい・怖そうというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?確かに慣れていないと中々楽しめませんし、不安もあると思います。もし難しそうと感じた時は、体験シュノーケリングを利用してみてはいかがでしょうか?

体験シュノーケリングって?

体験シュノーケリングは、主に初めてシュノーケリングに挑戦する方を対象にしたツアーです。全く経験が無い方を対象にしている場合も多いため入門には最適です。料金はお店・ツアーにもよりますが、ダイビングと比べて手頃な値段で楽しめます。

インストラクターが教えてくれる

また、体験シュノーケリングではインストラクターが基本を一から教えてくれます。シュノーケリングは手軽とは言っても浮く方法など様々な点に慣れる必要があります。これらをインストラクターが教えてくれるため、初めての方でも安心して楽しめるでしょう。

色んなお店で申し込める

旅行代理店がツアーの日程に体験シュノーケリングを組み込んでいることもありますが、現地ですぐ楽しみたいならダイビングショップなどを利用すると良いでしょう。沖縄には体験シュノーケリングを申し込めるお店が沢山あります。楽しみたくなったらお店を探してみましょう。

家族で楽しめる

お店によっては5~6歳から体験シュノーケリングを申し込めます。家族でシュノーケリングができますので、思い出づくりに楽しんでみてはいかがでしょうか。

まずは体験シュノーケリング

未経験の方・慣れていない方は体験シュノーケリングから始めてみましょう。基礎を一から学べますし、料金もお手頃です。体験とは言っても本格的なシュノーケリングと同じですので、一度利用してみることをおすすめします。

沖縄のおすすめシュノーケリングスポット5選

沖縄には様々なシュノーケリングスポットがあります。同県でも人気のアクティビティの一つで、毎年多くの方が訪れています。特に魅力的なスポットも少なくありませんが、悩んだ時は下記のスポットで楽しんでみてはいかがでしょうか。

定番中の定番「青の洞窟」

青の洞窟をご存じの方は多いと思います。ダイビングでも人気のスポットですが、シュノーケリングも楽しめます。幻想的な光景が広がっており、水中に目を向けると色とりどりの魚が優雅に泳いでいます。

遠浅が魅力の瀬底ビーチ

初心者におすすめのスポットが瀬底ビーチです。遠浅で水深が浅く、シュノーケリングに慣れたい方に向いています。初めてでも楽しみやすいスポットでしょう。

流れが穏やかなジョン万ビーチ

子供と一緒に楽しむならジョン万ビーチはいかがでしょうか?流れが穏やかで安全性が高く、透明度の高い海が特徴です。沖縄独特の熱帯魚も沢山生息しています。

海の透明度が高い伊計島

海の底まで見渡せるほどの透明度を持つのが伊計島です。シュノーケリングでも海の奥深くの景色まで楽しむことが可能で、観光客にも人気の高いスポットになっています。毎年多くの方が訪れるのも特徴です。

白い砂が美しいニライビーチ

ニライビーチは白い砂が魅力のシュノーケリングスポットです。透明度も比較的高く、カラフルな魚達を楽しめます。数あるシュノーケリングスポットの中でも穴場と言えるでしょう。

魅力的なスポットが沢山

沖縄には様々なシュノーケリングのスポットがあります。どこで楽しむか迷うと思いますが、悩んだら上記5つの場所のいずれかを選んでみると良いでしょう。もしお店のツアーを利用する方は、ガイドやインストラクターに聞いてみるのもおすすめです。

沖縄に行くなら楽しみたい海のアクティビティ3つ

沖縄には様々な魅力が詰まっています。グルメはもちろんのこと、各種観光スポットも少なくはありません。しかし、沖縄に行くのであればアクティビティが欠かせないでしょう。沖縄は深い透明度の青い海が魅力であり、様々なアクティビティを楽しめます。

定番アクティビティ「ダイビング」

沖縄で定番と言ってもよいのがダイビングです。沖縄には様々なダイビングスポットがあり、初心者から上級者まで、多くの方が楽しんでいます。ディープブルーの海の景色を楽しむことが可能で、他では味わえない非日常を体験できます。

ダイビングのライセンスが無い方でも体験ダイビングなら問題ありません。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

初めてでもすぐ楽しめる「シュノーケリング」

潜るのが苦手な方、すぐ楽しみたい方はシュノーケリングが良いでしょう。深くは潜らず、水面付近を遊泳するのが特徴です。ダイビングのようにライセンスがいらず、子供と一緒に楽しめるのが魅力になっています。

初めてのアクティビティにもおすすめです。迷ったらシュノーケリングを楽しんでみると良いでしょう。

景色を楽しめる「シーカヤック」

少し変わった体験をしたい方にはシーカヤックをおすすめします。広がる水平線や、美しい青い海を目で楽しむことが可能なアクティビティです。シーカヤックとシュノーケリングをセットで楽しめる場合もあります。

初心者にも安心のアクティビティ

このように、沖縄では海のアクティビティが盛んです。特にダイビングやシュノーケリングは、世界中から多くの観光客が訪れており、魅力的なスポットも沢山あります。沖縄旅行の際は、ぜひ海のアクティビティで思い出を作ってみてはいかがですか?

シュノーケリングを楽しむ上での注意点

シュノーケリングは初心者でも楽しみやすいのが魅力です。沖縄でも定番レジャーの一つとなっていますが、初心者でも大丈夫とは言っても注意点は少なくありません。特に経験がない方の場合は注意を要することもあります。

シュノーケルに水が入り込む

特に多いのが、口から空気を吐き出すシュノーケルに水が入り込むトラブルです。水が器官に入り込んでむせてしまう可能性もあるため、慣れないうちは注意を要します。事故に繋がるリスクもありますので、水が入った時は空気を吐き出して水を抜きましょう。

呼吸が意外と難しい

シュノーケリングは口で呼吸を行いますが、私たちは普段鼻で呼吸しているため、中々慣れない場合があります。慣れるまでに少々時間を要しますが、器官に水が入るリスクがあるため、間違えても鼻で呼吸しないよう注意しましょう。

体験ツアーを利用する

水が入り込むなど、トラブルが起こることも珍しくないシュノーケリングですが、初心者の方はお店の体験ツアーを申し込むと良いでしょう。沖縄には様々なシュノーケリングのお店があります。装備も貸してくれますので、初めての方に最適です。

インストラクターの指示に従う

また、思わぬ事故にも繋がりかねませんので、インストラクターの指示に従うことをおすすめします。シュノーケリングを楽しむ際はプロのアドバイスが重要です。自分勝手に行動したり他に迷惑がかからないよう、必ず指示に従いましょう。

安全に楽しみましょう

ゆったり遊泳できるシュノーケリングは魅力も沢山ありますが、事故が起こる確率はゼロではありません。特に呼吸やシュノーケルの扱いが難しいですが、事前にインストラクターからレクチャーを受け、アドバイスを受けましょう。

シュノーケリングを楽しむなら気を付けたいマナー

レジャーシーズンになると、シュノーケリングを楽しむ方が多くなります。海と触れ合える魅力の大きなアクティビティですが、残念ながらマナーを守らない方も中にはいます。シュノーケリングを楽しむなら、以下のマナーは必ず守りましょう。

遊泳区域内で楽しむ

各スポットは自治体によって遊泳区域が定められています。シュノーケリングを楽しむ時は、必ず区域内で楽しむようにしましょう。遊泳禁止区域でシュノーケリングを行うと事故のリスクが増え、条例で罰せられることもあります。

単独での行動を控える

慣れるとつい1人で色々楽しみたくなりますが、シュノーケリングでは単独行動が非常に危険です。海はコンディションが変わりやすく、時に危険を伴いますので、むやみに1人で行動しないようにしましょう。事故防止のためにも、誰かと一緒に行動することが重要です。

海の生態系を壊さない

海は独特の生態系を持っています。シュノーケリングはあくまで目で見て楽しむものですので、生態系を壊さないよう配慮が必要です。例えば浅瀬のサンゴ礁を勝手に持ち帰ったり、触ったりしてはいけません。トラブルにもなりかねないため、最も重要なマナーとも言えます。

ゴミを捨てない

もしゴミが出た場合は海に捨てず必ず持ち帰りましょう。ゴミを捨てると海が汚れるだけでなく、その生態系を破壊してしまうおそれがあります。軽い気持ちで捨てないようにしましょう。

マナーを守って楽しもう

シュノーケリングのマナー違反は決して少なくありません。しかし、事故・トラブルを防ぐならマナーを守ることが欠かせませんし、周囲の人への配慮にもなります。マナーはしっかり守ってシュノーケリングを楽しみましょう。

シュノーケリングと素潜りは何が違う?

日本には様々なシュノーケリングのスポットがあり、毎年多くの方が楽しんでいます。一方、人によっては素潜りと似ていると考えることがありますが、シュノーケリングと素潜りは様々な点に違いがあります。一般には別物と言われていますので、混同しないように注意が必要です。

目的が異なる

まず素潜りとシュノーケリングは目的が違います。素潜りの主な目的は漁で、例えば潜って貝類を取ったり、魚を捕まえたりします。しかし、シュノーケリングはあくまでもアクティビティの一つで、水中の景色を楽しむのが目的です。

シュノーケリングは潜らない

また、素潜りは海の底まで潜りますが、シュノーケリングは基本的に潜りません。この点は潜水を楽しむダイビングと似ているでしょう。シュノーケリングも若干潜ることもありますが、水面の付近を遊泳して楽しむことが多くなっています。

行う場所も違う

素潜りは漁が主な目的になっているため、場所はさほど問わずに行われます。しかし、シュノーケリングは並が穏やかで安全性が高い場所で実施されます。素潜りとは少し違う点とも言えるでしょう。

装備はほぼ一緒

シュノーケリングや素潜りは、異なる点が少なくありませんが、実施する際の装備はほとんど同じです。いずれもウェットスーツを身に付け、シュノーケルとフィンを装着して行います。ただ装備を見ただけでは判別が付きにくいかもしれません。

観光ならシュノーケリング

シュノーケリングと素潜りは基本的に異なるものです。観光目的であれば、シュノーケリングを楽しむのが良いでしょう。場所によっては素潜りをレジャーで楽しめますが、ゆったりと海中の景色を眺めたいならシュノーケリングがおすすめです。

シュノーケリングとダイビングの違いって?

シュノーケリングとダイビングは、いずれも人気の高いアクティビティになっています。沖縄へ旅行に行くと、どちらも楽しむことができますが、実は違いも多いことをご存知でしょうか?どちらも海を楽しむ点は同じですが、別物と考えておいたほうが良いでしょう。

ダイビングはライセンスが必要

シュノーケリングは事前に簡単な練習を行うものの、楽しむ際にはライセンスが不要です。しかし、ダイビングは体験ダイビングを除き、原則として専門のライセンス(主にCカード)が必要になっています。この点が大きな違いと言えるでしょう。

シュノーケリングは深く潜らない

また、シュノーケリングとダイビングは潜る深さも異なります。シュノーケリングは浮いて水面付近を楽しむアクティビティですが、ダイビングは水深10m以上潜ることもあります。海の奥深くを楽しむのがダイビングの特徴です。

身につける道具が違う

シュノーケリングはゴーグルやフィンなど、比較的簡素な装備で済んでしまいますが、ダイビングは酸素ボンベを背負うなど、装備の違いもあります。そのため、シュノーケリングは準備にかかる時間が短くて済むのがポイントです。

年齢制限も異なる

ダイビングは10歳以上からと年齢制限がありますが、シュノーケリングにはありません。年齢を問わず、基本的に子供でも楽しめます。ただし、お店によっては制限を設けている場合もあるので事前確認が必要です。

手軽さならシュノーケリング

このように、シュノーケリングとダイビングは様々な違いがあります。特にライセンスの有無は大きな違いと言えるため、手軽さが異なると考えられます。もし楽しむなら、手軽さで勝るシュノーケリングが向いているでしょう。

シュノーケリングが初めてでも楽しめる理由

シュノーケリングを知っていますか?数ある海のアクティビティの中でも、初心者から上級者まで、幅広い方に人気があります。日本では特に沖縄で人気のアクティビティですが、初めての方でも楽しみやすいのが魅力です。しかし、なぜ初めてでも楽しめるのでしょうか?

水面から海中を見る

シュノーケリングが初めての方向きとも言える一番の理由が、水中付近を遊泳する点にあるでしょう。例えばダイビングは潜水しないといけませんが、シュノーケリングは潜ることがないため、ゆったりと水中の様子を楽しむことができます。泳ぎがさほど上手くなくても問題ありません。

ライセンスがいらない

また、ダイビングとは違ってライセンスが不要なことも初心者向きのアクティビティの理由と言えます。シュノーケリングは装備があれば誰でも楽しめます。そのため未経験の方にもおすすめのアクティビティです。

ダイビングほど複雑さがない

ダイビングは事前準備が少々面倒で、慣れていないと手間がかかってしまいます。しかし、シュノーケリングは特に複雑な準備がなく、準備をが済んでしまえばすぐに楽しむことが可能です。

海に慣れていなくても大丈夫

海に慣れていない方もいらっしゃると思いますが、シュノーケリングなら問題ありません。潜水のテクニックや泳ぎを求められるアクティビティではありませんので、例えば泳ぎが苦手な方、海水浴に行ったことがない方でも挑戦できます。

初めてのアクティビティに

シュノーケリングは初めて体験するアクティビティに最適です。沖縄には様々なツアーやお店がありますので、体験できる機会も少なくありません。沖縄へ旅行・観光に行った際は、一度楽しんでみてはいかがでしょうか?