シュノーケリングを楽しむ上での注意点

シュノーケリングは初心者でも楽しみやすいのが魅力です。沖縄でも定番レジャーの一つとなっていますが、初心者でも大丈夫とは言っても注意点は少なくありません。特に経験がない方の場合は注意を要することもあります。

シュノーケルに水が入り込む

特に多いのが、口から空気を吐き出すシュノーケルに水が入り込むトラブルです。水が器官に入り込んでむせてしまう可能性もあるため、慣れないうちは注意を要します。事故に繋がるリスクもありますので、水が入った時は空気を吐き出して水を抜きましょう。

呼吸が意外と難しい

シュノーケリングは口で呼吸を行いますが、私たちは普段鼻で呼吸しているため、中々慣れない場合があります。慣れるまでに少々時間を要しますが、器官に水が入るリスクがあるため、間違えても鼻で呼吸しないよう注意しましょう。

体験ツアーを利用する

水が入り込むなど、トラブルが起こることも珍しくないシュノーケリングですが、初心者の方はお店の体験ツアーを申し込むと良いでしょう。沖縄には様々なシュノーケリングのお店があります。装備も貸してくれますので、初めての方に最適です。

インストラクターの指示に従う

また、思わぬ事故にも繋がりかねませんので、インストラクターの指示に従うことをおすすめします。シュノーケリングを楽しむ際はプロのアドバイスが重要です。自分勝手に行動したり他に迷惑がかからないよう、必ず指示に従いましょう。

安全に楽しみましょう

ゆったり遊泳できるシュノーケリングは魅力も沢山ありますが、事故が起こる確率はゼロではありません。特に呼吸やシュノーケルの扱いが難しいですが、事前にインストラクターからレクチャーを受け、アドバイスを受けましょう。

関連する記事